日記

2023-03-12 20:04:00

ピアノ発表会って緊張する!どうやって対策したらいい!?

こんにちは、氷川台のピアノ教室 BLOOM講師の大谷です♪

発表会へ参加される生徒さんへのエールとして、今回記事を書かせて頂きます◎

 

【目次】

・はじめに

・発表会に出るメリット

・発表会に対する不安

・緊張への具体的な対処法

・おわりに

 

*はじめに

発表会は素晴らしい経験の場です。自己表現を楽しみながら、音楽をどのように伝え楽しませるかといった観客との共同作業ともなります。

 

*発表会に出るメリット

また、日々のレッスンに一つの区切りがつき、以下のメリットが生まれます。

・音楽との向き合い方を改めて考えることができる

・練習意欲の向上

・演奏技術の向上

・目標をたて達成する力・度胸が身につく

・振り返ることで分析力や客観的思考が身につく

・充実感や自己肯定感が得られる

・他の出演者の演奏を聴くことが刺激となる

・マナーやルールを学ぶ場となる

 

*発表会に対する不安

さて、そんな発表会ですが、緊張はつきものですよね。

間違えたらどうしよう、みんなに見られるのが恥ずかしい、いろんな不安があるかと思いますが、緊張しないようにしよう、はNG

なぜなら緊張しないなんて無理だから。

良い方向に持っていくようにコントロールできるようにしましょう。

 

緊張すると、

お腹が痛くなる、呼吸が浅くなる、震える、顔が赤くなる、筋肉が硬くなる、手が冷たくなる、汗をかく、ドキドキする

といったように身体にさまざまな反応が表れます。

 

*緊張への具体的な対処法

では、具体的にどうしたらいいの?というお話をします!

私が実際に行っている対策気をつけていることなどを書き出してみました!

個人差があると思いますが、参考にしてみてください。

 

《事前準備》

・爪は2,3日前に切っておく。

・当日は腹具合の調整をしっかり!

・予めお手洗いを済ませる。

たくさん練習したから大丈夫という自信を持つ!

・直前まで録音を聴く!(前の人の演奏は聴かない)

ストレッチ

深呼吸

手のツボ押し(おすすめは手の真ん中=労宮と、親指と人差し指の根元の間=合谷)

手を温める

 

《演奏中》

吐きながらゆっくり歩き落ち着いてお辞儀をする。

ペダルを踏みすぎないよう気をつける。(ホールにあるフルコンのピアノはよく響きます!

音楽にのめり込む自分と、客観的に見つめる自分を作り、目の前に集中

ミスはするものと考え受容し、すぐ忘れる

特別な時間を味わいながら、覚悟を持っておもいっきり臨む

 

《演奏後》

・晴れやかな気持ちでお辞儀をし、最後まで堂々と歩ききる

・途中で止まってしまったとしても、両脚が震えてペダルが踏みにくかったとしても(実体験です笑)、あとから笑って感想が言えたらそれでokと思いましょう

良かった点や反省点を確認し、次に活かす

 

*おわりに

「とは言っても結局、頭はぐちゃぐちゃ!」だと思います。

私もいまだに本番の日はバタバタしたり、突然緊張したりします。

何はともあれ場数を踏んで、「発表会ってこんなものなんだ!」と自分の中で落とし込んでくれる日が来るといいなぁと思っています。

それでは、発表会を思いっきり楽しんでくださいね♪

 

大谷